お役立ち情報

銭湯デビュー

はじめて銭湯に行くのは少し不安? いいえ簡単です!
ぜひ、銭湯にチャレンジしてください。きっと銭湯ファンになって頂けると思います。

1. 持ち物は?

石鹸・シャンプー・リンス・タオル・バスタオルなどが一般的です。
もちろん、何も持参しなくても大丈夫。
ほとんどの銭湯にはタオル・石鹸などを販売しており、浴場によっては“手ぶらセット”が用意されています。
入浴料金は大人440円、小学生150円、0歳~幼稚園児が60円です。
あとジュース代位です。貴重品は持って行かないようにしましょう。

2. 銭湯の玄関で

まず、履物を脱いで、下駄箱に入れて鍵を持って下さい。
戸を開けると番台又はフロントがありますので、そこで料金を払います。

3. 脱衣室で

脱衣室の脱衣箱に衣服を入れ、施錠し、鍵を手首などに巻いて浴室へ行きましょう。

4. 浴室で、まずかかり湯を

最初に浴槽の前で“かかり湯”をします。みんなが入る浴槽には、体をまず流して清潔にして から入ることが大切です。かかり湯には、お湯に“体を慣らす”という目的もあります。
次に、ゆっくりとお湯につかって、マイナスイオンを吸収しリラックスしましょう。
なお、お湯の中に長い髪がつかったり、タオルを浴槽につけたりはマナー違反です。
よく温まったら、浴槽から出て、体を洗いましょう。
シャワーを使用する場合、隣の人にお湯をかけないよう注意しましよう。
洗い終わったら、再び浴槽に入って体を温めましょう。

5. 再び脱衣室へ

浴室で、タオルをしぼって体を拭いてから脱衣室へ、足拭きマットで足も拭きましょう。
体や頭を十分拭き終ったら、着替えましょう。
入浴により、血液中の水分が減っているので、飲み物等で水分を補給しましょう。
最後に、忘れ物がないように確認して“さようなら・・”

また来てくださいね!

お役立ち情報一覧